セーラー服と機関銃 (角川文庫)

3.52
  • (30)
  • (69)
  • (105)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 598
レビュー : 79
著者 :
まえすとろさん 映像化原作   読み終わった 

30数年の間、筒井康隆著『時をかける少女』と双璧を成す”ジュブナイル小説”の金字塔的作品。女子高校生がヤクザの組長にっ!セーラー服の女子高生がマシンガンを撃ちまくるストーリーはタイトルそのまんまのひねりなし「直球勝負」というプロットは現在でも充分健在。
あまりにベタすぎのストーリーはかえってアニメよりも実写向きなのかもしれない。
オジサン的に泉の容姿は薬師丸ひろ子がもはや不動のビジュアルイメージ。

レビュー投稿日
2013年8月31日
読了日
2010年10月26日
本棚登録日
2010年10月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セーラー服と機関銃 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『セーラー服と機関銃 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『セーラー服と機関銃 (角川文庫)』にまえすとろさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする