ストロベリーナイト (光文社文庫)

3.67
  • (825)
  • (1859)
  • (1459)
  • (257)
  • (107)
本棚登録 : 11683
レビュー : 1430
著者 :
まえすとろさん 映像化原作   読み終わった 

誉田哲也の描く女性刑事、姫川玲子が活躍する三部作からなるクライムサスペンスシリーズの第一弾。一件の遺体遺棄事件から連続猟奇殺人事件へと発展するサスペンス、警察内の階級社会や複雑に絡み合う刑事達の群像と事件の意外性を緻密に描きながら、感動的なエピソードと陰惨な犯行描写という真逆のディテールギャップも見事。畳み掛けるスピーディーな展開は章毎に止める事が出来ず、読んでいる時間を忘れさせる。玲子のライバル「ガンテツ」こと勝俣の超アウトロー、玲子にぞっこんな関西弁の井岡巡査長など、魅力的なキャラクターも愉しい。

レビュー投稿日
2013年8月31日
読了日
2012年3月5日
本棚登録日
2012年3月5日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ストロベリーナイト (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『ストロベリーナイト (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする