いつもの毎日。 衣食住と仕事 (集英社文庫)

3.53
  • (10)
  • (42)
  • (33)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 415
レビュー : 34
著者 :
paratroopさん 言葉・エッセイ   読み終わった 

菊池亜希子さんとの対談も良かった。
そのなかで著者が、好きなものを相手に伝わるように正直に見せることは、人と人とが関わる大事なきっかけになると言っていて確かにそうだなと。

すぐ思い浮かんだのは、神戸のパン屋さんで買ったピンクのトートバッグ。
これを持って、初めてのカフェに行ったときに店主さんに「私もそこ行きました!パンおいしいですよね!」と笑顔で声をかけてくれた。
初対面で話が弾むことはそうないので、とても嬉しくまた行きたいお店の一つになった。
ピンクのトートが出会いのきっかけになった。

そういう思い出や、自分のベーシックが、暮らしをつくるのだろう。
何となく選ばないで集まったモノたちが、生きていくうえで自分の味方になってくれるのだと気づいた。

レビュー投稿日
2018年6月2日
読了日
2018年6月4日
本棚登録日
2018年3月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いつもの毎日。 衣食住と仕事 (集英社文...』のレビューをもっとみる

『いつもの毎日。 衣食住と仕事 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする