セメント樽の中の手紙 (集団読書テキスト (B23))

著者 :
  • 全国学校図書館協議会
3.31
  • (3)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 9
3

初めて読んだプロレタリア文学作品。短編小説なので読みやすいと思います。
主人公・松戸与三が仕事中にセメント樽の中から手紙を見つけることから話は始まる。意味深な終わり方で、その後を想像して見るのもいいと思います。この文学は現代にも通じる考え方なのでは。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2005年12月15日
本棚登録日 : 2005年12月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする