昭和元禄落語心中(6) (KCx)

4.07
  • (87)
  • (132)
  • (58)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1220
レビュー : 67
著者 :
sin_sinさん ザ・漫画   読み終わった 

全10巻読了。もう八雲&助六の回想はなさそうな与太郎編。襲名するので正確には与太郎ではなく、助六。「決別じゃなくて 抱えて生きろ 罪を忘れるな それが人間の業ってもんさ」と八雲が与太郎と自分の身に伝える。「業」と言う言葉がこんなに似合う人っているだろうかと思いつつ読む。そして子ども(男の子)描かせたら天一の雲田画伯の子どもキター、文句なく可愛い!そして誰もが思っていた「小夏さん、その子誰の子?」問題を与太郎が落語で斬り込む巻。

レビュー投稿日
2018年2月16日
読了日
2018年2月16日
本棚登録日
2018年2月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和元禄落語心中(6) (KCx)』のレビューをもっとみる

『昭和元禄落語心中(6) (KCx)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『昭和元禄落語心中(6) (KCx)』にsin_sinさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする