うまく行きそうで、いかない。
イギリスとドイツの合作映画、ハリウッドじゃなかった。
雰囲気は良い。

2017年11月7日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2017年11月7日]
カテゴリ 映画

観てたことを忘れて、二度目の鑑賞。
なんか辻褄が合わない気分になる。

2017年11月7日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2017年11月7日]

思っていた展開じゃなかった。
主人公が裕福でちょっと傲慢。改心するんじゃなくて、自分の性格はそのままに子供や隣人に向き合っていく。

ちょっと前に見てた「きっとうまくいく」と途中同じ展開でびっくりした。
たまたま出産に付き合う主人公、生まれた赤ちゃんが産声をなかなか上げない。

メモ:軽率に付き合わない理由
愛は犠牲を伴うから

2017年11月4日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2017年11月4日]
カテゴリ 映画

All is well.
伏線回収が上手いなぁ。
観終わった後で、学長の息子が3回受験したけどダメだった話を冒頭でしてたなぁと思い出した。

初めてのインド映画に圧倒された。
踊りと音楽がとってもインド。

主人公の瞳の色が緑がかっていて印象的。

2017年11月2日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2017年11月2日]
カテゴリ 映画

久しぶりにこういう本を読んだ。
爽快感というか疾走している感じがいい。

2017年1月28日

読書状況 読み終わった [2017年1月28日]
カテゴリ 小説

回避型愛着スタイル

→距離を置いた対人関係を好む。親しい関係や情緒的な共有を心地よいとは感じず、むしろ重荷に感じやすい。だから親密さを回避し、心理的にも物理的にも、距離をおこうとする。

葛藤を避けようとする。人とぶつかり合ったりする状況が苦手で、そうした状況に陥るくらいなら、自分から身を引くことで事態の収拾を図ろうとする。ストレスが加えられると短絡的に反応し、攻撃的な言動に出てしまいやすい。相手の痛みに無頓着なところもあるので、自分が相手を傷つけていることに気がつかなかったりする。

何に対しても醒めている。本気で熱くなるということが少ない。情動的な強い感情を抑えるのが得意で、それにとらわれることもない。

自己表現が苦手で、表情と感情が乖離する。表情や感情方表現が乏しい。

愛とは、こだわらずに忘れ去るもの。パートナーの痛みに無頓着。

2017年1月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年1月27日]
カテゴリ 仕事

もう愛してない。ひとかけらも。

自分もこうだったかなと思う。愛してなくても一緒に暮らせるもの。

喪ってから見えてきた日々は、戻ることのできない時間への思慕というよりは全てを受け入れて凪のように落ち着いているように見える。

2017年1月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年1月24日]
カテゴリ 小説

映画のほうが面白かったような。
でも、キャラクターは小説のほうが引き立ってる。

2015年12月22日

読書状況 読み終わった [2015年12月22日]
カテゴリ 小説

161
①サービスとは相手を「思いやる心」である。
②「思いやりの心」は、自分が幸せでなければ、相手のことまで気が及ばない。
③健康でないと、幸せとは言えない。

2015年2月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2015年2月6日]
カテゴリ 仕事

職場の人に薦められて手に取った一冊。
学生時代、こういう付きあい方ができてればなぁと思うのも、自分は学生時分ではないと受け容れているからなんだろう。

学生時代に読んでたら、彼らの生き方が眩し過ぎて途中で読むのをやめてしまったかもしれない。

2015年1月11日

読書状況 読み終わった [2015年1月11日]
カテゴリ 小説

さくっと読めるけど、もっと重厚感ある小説になるかなと思ってた。

■シロウ=クロウ
まあ、後半で明らかになって…ふーんという感じ。謎解きってほどでもない。

■握手≒バトン
170
私は少し胸が温かくなって、右手を差し出した。
その上に、山崎さんが見えない何かを置く。それをしっかりと握って、私は頷いた。

この描写に違和感があって、そういえば、物語前半でも握手のシーンがあったなあと思い返す。

77
名乗って、手を差し出してくる。おれはそれを、しっかりと握り返した。アンディの掌は、ひんやりしていて心地よかった。

2014年9月18日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2014年9月16日]
カテゴリ 小説

さくさく読めた。
図書館で借りたら、P.312の1行目、寺岡の名前の部分を消して石黒と書き込んであった。たしかに石黒じゃないと話が通じない。誤植をこんな形で発見するなんて。

志保と村瀬のseason1の、あのシーン…。
小説では志保が「ベッドの横には、寝返りを打つ村瀬の姿」(P.129)を見てるように描かれていたけど、ドラマは違った気がする。
志保が起きた時には、村瀬はネクタイ締めてたような。

2014年9月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2014年9月12日]
カテゴリ 小説

舌根=舌の付け根
意識し過ぎると発音に力みが生まれ、舌根が硬くなる

唇や口角ではなく、声帯の振動を意識する。
舌を伸ばすトレーニング
舌を伸ばし、ティッシュで挟んで前に伸ばす。
20秒キープする。

2014年8月19日

読書状況 読み終わった [2014年8月19日]
カテゴリ 仕事

フィギュアスケートの定番曲。
音楽は知っているから、このシーンの曲なのかと色々気づくことはあったけど。
ええ!?みたいな連続で、あんまり面白さを感じなかった。

2014年7月10日

読書状況 観終わった [2014年7月10日]
カテゴリ クラシック

Naughty Boyの『La La La』。
このPVがオズの魔法使いに関係している、なんて聞いたので手に取ってみた。

竜巻に吹き上げられて、オズの国へとやってきたドロシー。
一緒にいるのは愛犬のトトだけ。
途中で脳みその無いわらで出来たかかし、心臓の無いブリキのきこり、臆病なライオンを
従え(?)、オズ王のいるエメラルドの都まで目指す旅は続く。
オズは人間だったこととか、西の悪い魔女を倒すと溶けてしまうとか意外性もある。

PVの中で、心臓を買う?シーンがあるけれど、その辺りが関係していると言われるあたりか。

2014年5月9日

読書状況 読み終わった [2014年5月9日]
カテゴリ 小説

プルシェンコがトリノで滑ったあの曲。エキシビションの、マートンの生演奏も良かったな。
トリノ直後のフランスで行われたショーでの演技が凄くて、作品の世界観を知りたくなった。
とはいっても、オペラなんて縁遠い。
最初は何で演劇みたいに普通に話すことをしないんだろう?と疑問を感じたけど段々見入ってしまった。星は光りぬはこんな曲だったんだ。

政治犯アンジェロッティを匿った画家カヴァラドッシ。
匿ったことが警視スカルピアにばれ銃で処刑されることが決定する。
スカルピアはカヴァラドッシを助けたい恋人トスカに言い寄り「私と一夜を共にすれば彼と逃げる為の手立てをしよう」と提案する。提案に乗るとみせかけて、トスカは食事用のナイフでスカルピアを刺し殺す。
カヴァラドッシのもとへ向かうトスカ。二人は再会。星は光りぬを歌うのはこの場面。
銃で撃たれると言っても、スカルピアからは空砲が入っているだけだと聞いていたトスカ。
上手く死んだように見せかけて倒れれば良いのだからと何度もカヴァラドッシに伝える。
そして処刑が行われる。兵士たちが帰った後カヴァラドッシに話しかけるが、彼は実際に撃たれていた。
トスカは絶望する。その折、兵士たちがやってくる。トスカがスカルピアを殺したことが分かってしまったからだ。トスカは城の上から身投げし、舞台は幕を下ろす。

2014年4月21日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2014年4月21日]
カテゴリ クラシック

◆チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
PETER TCHAIKOVSKY Concerto for Piano and Orchestra No.1 in B flat minor, op23
シャルル・デュトワ指揮 1970年12月バークレインで録音
◆リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ短調
FRANTZ LISZT Concerto for Piano and Orchestra No.1 in E flat major
クラウディオ・アバド指揮 1968年2月ロンドンで録音

リストのピアノ協奏曲第1番変ホ短調(Concerto for Piano and Orchestra No.1 in E flat major)。
出だしを聴いた瞬間、「小塚君が世界選手権で凄い点数をたたき出した曲か」。
2010-2011シーズンのフリーで使われていた筈。なんとなく手に取ったCDの中に知っている曲があればと思っていったけれど、想像以上に早く出会ってしまった。

2014年4月17日

読書状況 聴き終わった [2014年4月17日]
カテゴリ クラシック

町田君のインタビューを聞いた時、こんなにティムシェルの言葉が重要だったなんて思いも寄らなかった。

主軸はアダムが主人公になって物語は展開するけれど、サム・ハミルトンやキャル、キャシー(ケイト)、リー、アロン、周りの登場人物たちもそれぞれの生き方があって面白い。
文中に、たまに「私」が出てくると読んでいる目線が少し俯瞰的になって、また登場人物たちが動くと目線が近くなるというか。

アダムがケイトと別離した後で恋人を作らなかったのは何故だろう。
佳境でケイトと過ごす時間が生きる時間だ、みたいな描写があったけど。一途に好きだった時にはケイトを見ていなかったのに。子供たちに目がいくようになってから、そういう存在がいても良いのに。やっぱり離婚していない以上、そういう描写は時代背景として出来ないのかな。それとも聖書の内容を理解していれば、アダムという名前からなんとなく分かる部分があるのかもしれないけれど。


----------
『治めよ』ではなく、『治めん(む)』。
汝治むることを能う。

2014年4月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2014年4月21日]
カテゴリ 小説

シャンプージプシーには役立つかと思って読んでみた。
ノンシリコンではなく洗浄力が高いものも、肌トラブルが無ければお勧めできるのか。
ノンシリコン・ラウレスフリーで、香りが長続きして…なんて考えると、探し求めているものにはなかなか出会えないのかも…。

ところで、「ハチ」という用語は一般的なんだろうか?
意味は分かるけど。余計なことが気になった。

2014年3月11日

読書状況 読み終わった [2014年3月11日]
カテゴリ ダイエット

同タイトルで出ている本は、いまいち理解しきれないことがある。
ビジュアル版だけで大筋はわかるような気がする。

横隔膜の話とか、イラストが表す意図は分かるけど自分が完全に理解しているかは怪しいが。

2014年3月11日

読書状況 読み終わった [2014年3月11日]
カテゴリ ダイエット

歩くよりも効果的。
走るよりも疲れない。

2013年12月8日

読書状況 読み終わった [2013年12月8日]
カテゴリ ダイエット

最近ウォーキングを始めた。
これなら出来るかも、と思わせてくれる一冊。

2013年11月20日

読書状況 読み終わった [2013年11月20日]
カテゴリ ダイエット

特に目新しい内容はなかったような。
両足の親指立ちを数秒キープするやり方は続けられそう。

2013年11月12日

読書状況 読み終わった [2013年11月12日]
カテゴリ ダイエット

月見草油のことが触れられている。
(イギリスで有効であると発表した博士の訃報記事のことも)

2013年11月20日

読書状況 読み終わった [2013年11月20日]
ツイートする