それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

3.45
  • (7)
  • (19)
  • (26)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 25
著者 :
pdsjp094さん  未設定  読み終わった 

著者の本を読んだのは、「九十歳。何がめでたい」についで2作目。そもそもこの人の本は、エッセイ以外の小説を読んだことはないので作家としての実力は知らないが、90歳を過ぎてこれだけ世の中に対してハッキリとした認識があるのは、素直にすごいと思う。いろいろな苦労を経験されたようで、その中から紡ぎ出される言葉は一つ一つに含蓄があり、説得力がある。また、遠藤周作や北杜夫など超有名作家との変人エピソードも満載で、おおらかな、古き良き時代の一旦を知ることができる。

レビュー投稿日
2017年9月20日
読了日
2017年9月20日
本棚登録日
2017年9月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『それでもこの世は悪くなかった (文春新書...』のレビューをもっとみる

『それでもこの世は悪くなかった (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする