名画・名彫刻の美術解剖学 名作の起伏から内部構造を判別する

著者 :
  • SBクリエイティブ (2021年9月17日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 4
5

これまで有名な美術解剖学の本は読んできたつもりだ。パラパラと。
『アーティストのための美術解剖学』
『ソッカの美術解剖学ノート』
特にオススメされる上記だが、絵も文字も細々しており情報量が多すぎて、読破・実践に至らないものだ。
本書は1ページ1枚の大きなイラストで筋肉パーツが色分けされており、死ぬほどわかりやすい。
200頁までは独自のトポグラフィーによる人体解説で、以降306頁までが名画・名彫刻の解剖となっている。
いずれも取り上げられているのは男性モデルだけなので注意したい。

読書状況:いま読んでる 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年11月24日
本棚登録日 : 2021年11月24日

みんなの感想をみる

ツイートする