テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)

3.82
  • (140)
  • (224)
  • (166)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 1558
レビュー : 206
著者 :
なさん 日本の作家   読み終わった 

わりとかためな作品を読みたくなって購入
(でも全然固くなかったかも(笑))
ベートーベンのソナタテンペストを弾いたことがあったのでタイトルが気になってたのもあり。
(テンペストってただの嵐という意味なんですね(笑))

読み始めると面白い!
薩摩と清の二重支配をうまく潜り抜けていく琉球。
どこまで忠実かは分からないけど、筆者たちの頭脳に完敗です。

最後まさかあんなハッピーに終わるとは思わなかったけど、真鶴と寧温には幸せになってほしかったので良かった…かな。

レビュー投稿日
2011年8月12日
読了日
2011年10月1日
本棚登録日
2011年8月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)』になさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする