クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 515-1)

3.41
  • (9)
  • (10)
  • (26)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 191
レビュー : 17
ももりんごさん 小説・文学   読み終わった 

奥方の心理は、現代においても非常にわかりやすい。やはり人間はいつの時代も人間なのだろうか。夫がいる身の貞節、女としての恋心にはさまれ悩む姿は今もよく目にする題材だ。
ただ、勢力図や人間関係の説明には少々疲れたが、むしろ背景がよくわかりリアリティある話に思えた。クレーブ殿は繊細すぎというかなんというか、であったが。

レビュー投稿日
2010年12月29日
読了日
-
本棚登録日
2010年12月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 ...』のレビューをもっとみる

『クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 515-1)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 515-1)』にももりんごさんがつけたタグ

ツイートする