理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II

3.85
  • (52)
  • (41)
  • (67)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 363
レビュー : 48
Pearlさん  未設定  読み終わった 

何だか安心してしまった。
ズーニーさんほどの人でも、こんなに不安になったり悩んだりしているんだって。
だったら私が悩むのは当たり前なんだって。
悩むほどに考え抜くことが必要なんだって。
それが表現することなんだって。

タイトルに”おとなの小論文教室”とついているけれど、コミュニケーションの指南書のようでもある。
想いを伝えて、相手と通じ合うことこそ表現の醍醐味。
言うは易し、行うは難し。
その難しさの中に、
避けられない悩みの末に、
そこを通ることで得られるものの
尊さ、面白さ、そして感動があるらしい。
そことは自分の正体を探る道。
極めて魅力的な修行の道のように思えた。

レビュー投稿日
2018年3月8日
読了日
2018年3月8日
本棚登録日
2018年3月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『理解という名の愛がほしい——おとなの小論...』のレビューをもっとみる

『理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする