白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

3.89
  • (381)
  • (367)
  • (472)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 2927
レビュー : 245
著者 :
pecachaさん  未設定  読み終わった 

ドラマ(唐沢さんのときの)を見てました。面白いと思ったのに、原作の巻数に圧倒されて手を出せずにいましたがついに読み始めてしまいました。まだ一巻しか読んでないですが、すでに面白い。続きが楽しみです。個人的には時代を感じさせる医療用語が興味深い。基本的にドイツ語なのですね。また、老人病という表現があったり、病院でスパスパ煙草を吸っていたり、現代とのギャップが面白いです。それでも、今読んでも生々しさを感じられるのだから山崎豊子さんの表現力には感服させられます。

レビュー投稿日
2014年11月8日
読了日
-
本棚登録日
2014年11月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする