マークスの山(上) (講談社文庫)

3.57
  • (262)
  • (435)
  • (708)
  • (64)
  • (23)
本棚登録 : 3065
レビュー : 307
著者 :
ペコリエンヌさん サスペンス・スリラー   読み終わった 

直木賞受賞作、非常に重厚で密度の高い作品でした。一気読みしたいのになかなか進まず
内容と相まって息苦しさ焦燥感が半端ない。真綿でじわじわ首を締められるかのようです。
個人的には後半の林原との対峙がいまいち。ペコ刑事の(名前が一緒でひっそり笑った)
どす黒い面を期待していたし『彼』がどうなったか、そっちの方が気になって…長いわ、と。
ラストはもう「早く、間に合って、間に合って!」それしか出てきませんでした( ノД`)゚。

レビュー投稿日
2018年4月27日
読了日
2017年12月15日
本棚登録日
2018年4月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マークスの山(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『マークスの山(上) (講談社文庫)』にペコリエンヌさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする