太陽がイッパイいっぱい

3.31
  • (5)
  • (13)
  • (32)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 18
著者 :
ペコリエンヌさん 感動・青春・コメディ   読み終わった 

三流大学に籍をおくイズミ。彼女から旅行をせがまれ、資金を貯めるため工事現場で日雇いのバイトを始めた。
彼女と破局した後もバイトを続けた理由は、肉体労働そのものが楽しくなってきたからだ。
大学も、友人との付き合いも、コンパもナンパも、現場での日々に比べたら絵空事に感じる。
現実に蓋をしたイズミは、アナクロでアナログな世界にどっぷりとつかってゆく。

身体を酷使して腹を空かす。腹が減れば飲み、喰い、酔っ払い、そして眠る。
清々しいまでにシンプルな世界。そして周りのメンツもあったかくて個性的でいい感じ。
近寄りがたくちょっと怖い人達ですが、悪いところも引っくるめて、いいキャラになっている。
生き生きと働き、時にやんちゃが過ぎる彼等。かっこ良く見えて仕方ありませんでした。

レビュー投稿日
2018年5月18日
読了日
2016年5月21日
本棚登録日
2018年5月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『太陽がイッパイいっぱい』のレビューをもっとみる

『太陽がイッパイいっぱい』にペコリエンヌさんがつけたタグ

ツイートする