九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (HARTA COMIX)

4.19
  • (31)
  • (28)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 224
レビュー : 18
著者 :
ぺげったさん マンガ   読み終わった 

全体を通して昔話や民話・ミニシアター系の雰囲気がある。個人的にはひきだしに~よりこっちの方が好き。

竜の小塔:戦争は起こるんだけど、結局誰が戦うかというと個人個人なんだよな
人魚禁漁区:最後の主人公のことばが好き。この作品自体のテーマを表してると思う
わたしのかみさま:かみさまが世俗的すぎて笑える
狼は嘘をつかない:母子双方の視点から描いているのが秀逸
金なし白祿:最後で泣いた
子がかわいいと竜は鳴く:内容は普通。竜の子がかわいい
犬谷家の人々:この作者はこういうタイプの作品が一番向いているのでは?と思うぐらい秀逸。タイトルといい作品の系統といい犬神家の人々に対するオマージュなのか?と思ったけどもうなんなのかよくわからないwとりあえずただただ笑ってしまう

レビュー投稿日
2015年5月21日
読了日
2015年5月21日
本棚登録日
2015年5月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (...』のレビューをもっとみる

『九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (HARTA COMIX)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする