検察崩壊 失われた正義

3.93
  • (10)
  • (18)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
著者 :
penguinlondonさん 検察   読み終わった 

2012/11/14頃読了。

郷原氏が、小沢一郎事件を巡る「田代検事・虚偽捜査報告書作成疑惑」につき、小川元法務大臣、小沢氏の秘書だった石川衆院議員、田代検事を告発した市民団体の代表らと対談した本。

正直、特捜部が、「検察審査会をだまして、強制起訴させる意図」をもって、田代検事に、内容虚偽の捜査報告書を作成させた、とまでは思われないが、まあ、そのように見られるのもやむを得ないところはあり、市民団体がこのような事件を告発したことは意義深いし、対談の内容も大変興味深い。

しかし、小川元法務大臣が、評論家面して、検察の対応を批判するのには違和感を感じずにいられない。だって、あなた、当時、検察庁を指揮監督する法務大臣だったんでしょ?疑惑があれば、徹底的に調査させるのが、あなたの仕事だったんでしょ?それができずに、内閣改造により、法務大臣を解任されたのは、ぶっちゃけ、あなたの能力不足では?小川元大臣は、「検察は、大臣にさえ、事件の証拠書類などは見せようとしないので、自分は、田代報告書を見せるよう、検察に頼むことすらしなかった」という趣旨のことを言うが、いくら検察とはいえ、大臣から指示があれば、そのような資料をみせないなどということはあり得ない。この小川元大臣の発言こそ、小川氏が、本気で田代報告書につき、検察と対決する気があったのかについて、大いに疑問を投げかけるものと言えよう。

レビュー投稿日
2012年12月25日
読了日
2012年11月14日
本棚登録日
2012年12月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『検察崩壊 失われた正義』のレビューをもっとみる

『検察崩壊 失われた正義』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『検察崩壊 失われた正義』にpenguinlondonさんがつけたタグ

ツイートする