イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

4.17
  • (231)
  • (207)
  • (90)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 2051
レビュー : 222
penguinlondonさん  未設定  読み終わった 

金銭、ステータス、報酬、職の安定といった衛生要因はある一定水準を超えると、幸せを生み出す要因ではなく、幸せの副産物に過ぎない。

この仕事は自分にとって意味があるだろうか。成長する機会を与えてくれるだろうか。何か新しいことを学べるだろうか。誰かに評価され、何かを成し遂げる機会を与えてくれるだろうか。責任を任されるだろうか。これらが動機付け要因だ。

学校の用事=自分が成功したという達成感を得ること、友人を作ること。
自分の用事=良い伴侶になること。

家事をアウトソーシングしすぎない!
子供が受講する講座=経験の内容が重要。プロセス。

最終章はちよつと宗教臭い。

レビュー投稿日
2016年11月18日
読了日
2016年11月26日
本棚登録日
2016年11月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード...』のレビューをもっとみる

『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

クレイトン・M・クリステンセンの作品一覧

クレイトン・M・クリステンセンの作品ランキング・新刊情報

ツイートする