逆転した日本史~聖徳太子、坂本竜馬、鎖国が教科書から消える~ (扶桑社新書)

3.46
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 8
著者 :
pepper921さん  未設定  読み終わった 

2019/8/18
今までに教わってきたものが必ずしも歴史の事実であるとは限らないということ、また、変化していく分歴史にはさらなる面白さがあることを伝えてくれる内容だと思います。
今までの歴史の常識や定説を疑う視点は必要だと思います。主には高校の教科書の比較と引用が使われていて、戦前や、戦後間も無くの記述と近年の記述の変化を比べてくれていますが、この変化を踏まえて小学校、中学校も歴史を教えていく必要があるんだなと思います。
必ずしも結論が1つと決めつけるのではなく、あくまでも解釈の1つであって近年ではこんな説もあったりこんな研究成果もあったり、こんな調査が進められていたり…なんてプラスαで紹介することもできるんじゃないかと思います。
今までの時代を形作ってきた人たちも人間だから、人間らしい側面とか、まあ、そうなりますよねぇ!みたいな人間味のあることとかたくさんあると思います。その中で事実としてあることと解釈として考えられることをバランスよくまとめていきたいなあと思わされました。
教科書だけじゃなく、最新の研究成果などにももっと目を通していきたいなと思います。

レビュー投稿日
2019年8月18日
読了日
2019年8月18日
本棚登録日
2019年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『逆転した日本史~聖徳太子、坂本竜馬、鎖国...』のレビューをもっとみる

『逆転した日本史~聖徳太子、坂本竜馬、鎖国が教科書から消える~ (扶桑社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

河合敦の作品一覧

河合敦の作品ランキング・新刊情報

ツイートする