カサンドラ

3.64
  • (5)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 11
著者 :
ぷぅあるさん 小説   読み終わった 

p.25-26「誰か、お捜しですか」
「いえ、友人によく似た人がいたものですから」
「船上で再会ですか」
「いや、友人は故人なんで、単なる空似です」
「……船ではたまに起こることです。船で出会う空似の他人は、一種の運命で結ばれている可能性があるから、あとで声をかけてみるといいですよ」

今(読了時)、八月。
船が舞台でミステリだという事だけで読み始めた。
コバルトのノリで、サラっと読めるのかと思っていたらなかなかの読み応えだった。
時期も時期だけに考えるものもあった。

レビュー投稿日
2016年8月24日
読了日
2016年8月27日
本棚登録日
2016年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カサンドラ』のレビューをもっとみる

桑原水菜の作品一覧

桑原水菜の作品ランキング・新刊情報

ツイートする