新樹の言葉 (新潮文庫)

3.56
  • (38)
  • (50)
  • (115)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 627
レビュー : 58
著者 :
perottyさん 太宰治   読み終わった 

1か月掛けてじっくり読み込んだ、久しぶりの太宰。
中期作品ということで、自身の復活、更正への思いが感ずられる短篇が多い。
純粋なことばのあそびに、一々うっとりしてしまう。
「懶惰の歌留多」なんて、ことばの端々に見え隠れする甘美さには溜め息漏らさずにページを繰ることなぞできまい。

一般的小市民であることの仕合わせを目指す太宰の、小さな仕合わせとズレ、可笑しさ、滑稽さ、寂しさ。

あの、好きです、
と言いたくなる。太宰。

レビュー投稿日
2013年8月14日
読了日
2013年8月14日
本棚登録日
2013年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新樹の言葉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『新樹の言葉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする