カンパニー

3.80
  • (39)
  • (82)
  • (53)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 414
レビュー : 99
著者 :
しのさん お仕事小説   読み終わった 

合併・社名変更・グローバル化。
老舗製薬会社の改革路線から取り残された47歳の総務課長・青柳。
「君、バレエ団に出向しない?」人生の第二幕は、戦力外通告とともに始まった。
時を同じくして突然妻子に逃げたられた青柳。
選手に電撃引退されたトレーナー由依。
製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの
高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させる事。
成功させなければ、二人の戻る場所はない…。
しかし、高野の故障・配役変更・チケットの売れ行き不振と続々問題が。
本当に幕は開くのか…?

リストラ候補・家庭崩壊と人生のどん底の青柳がバレエ団に出向。
バレエ団の公演を成功させるという畑違いの仕事を任せられても、
実直に癌がる姿に心が動かされました。
真面目で不器用な青柳さん好きだなぁ(〃ω〃)
そこで巡り合った世界的有名なダンサー高野との関係や
カンパニー(バレエ団)の人々との関係でバレエに少しずつ魅了されていく。
そして、様々なトラブルを解決していくうちに新たな自分を発見したり、再生する。

人の弱さや優しさや狡さや強かさといった、細やかな心理描写が素晴らしかった。
読みながらドキドキしたりウルッとしたりしてたけど、なんだかずっと幸せで、
読み終えた時、幸福感に包まれていました。
努力・情熱・仲間…いい言葉だなぁ。
人生を取り戻す、情熱と再生の物語でした。
バレエがとっても身近になった様な錯覚?にとらわれました。
バレエ観たくなりました(*´ー`*)♡

レビュー投稿日
2017年8月4日
読了日
2017年8月4日
本棚登録日
2017年7月28日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カンパニー』のレビューをもっとみる

『カンパニー』のレビューへのコメント

杜のうさこさん (2017年11月18日)

しのさん、こんばんは~♪
寒くなりましたね。
おこたとみかんと本、本好きにはたまらない季節ですが、
それにしても寒い…。

この本、しのさんのレビューで知りました。
すっごく良かったです!
色々と凹んでいる時に読んだせいもあって、
気持ちが明るくなりました。

読みたくなる素敵なレビューをありがとうございました!

風邪などひかれませんように(*^-^*)

しのさん (2017年11月18日)

杜のうさこさんこんばんは♪
お久し振りですね~コメントありがとうございました。
うんうん、めちゃんこ寒くなりましたね。
おこたから出られなくなってます(笑)

うわ~私のレビューでこの本を知って読んで下さったのですね。
そして、気に入って下さってとっても嬉しいです( *´艸`)

読んでる間ずっと、幸福感に包まれていたのを覚えています。
元気を貰えましたよね~(#^^#)

最近、伊吹さんのなでし子物語の続編〝地の星〟も読みました。それも元気を貰えましたよ。
良かったら是非♪

杜のうさこさんも風邪などひかれませんように、ご自愛くださいね(*'▽')

コメントをする場合は、ログインしてください。

『カンパニー』にしのさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする