センセイの鞄 (文春文庫)

3.84
  • (1026)
  • (1031)
  • (1209)
  • (133)
  • (31)
本棚登録 : 7157
レビュー : 1105
著者 :
しのさん 恋愛小説   読み終わった 

★3.5

38歳のツキコさんと70代のセンセイは、近所の一杯飲み屋で
居合わせて以来の中だ。
お互い1人で酒をのみ、肴の好みがよく似ている。
憎まれ口をたたき合いながらセンセイと肴をつつき、酒をたしなみ、
キノコ狩りや花見、あるいは島へと出かけた…。

最初この淡々と流れる二人の時間はなんなのだろう?って思いながら読んでた。
二人の間に流れる空気感がとても心地いい。
二人の関係が良いなぁって思ったり、
でも、ツキコさんの想いが届かなくて、切なかったり…。
ツキコさんのまっすぐな思いを受け止めてくれたセンセイ。
二人のゆったりと進む時間に、もどかしかったりじれったかったり、
微笑ましかったり、切なかったり…。
やっぱり、最後は…泣けました。

初めて読んだ川上さんの作品。
とても不思議な雰囲気で、情景が柔らかでその空間にいるみたいに感じさせられた。
温かく、人を愛する事の切なさがじんわりと伝わってきました。

レビュー投稿日
2017年7月28日
読了日
2017年7月28日
本棚登録日
2016年8月31日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『センセイの鞄 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『センセイの鞄 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『センセイの鞄 (文春文庫)』にしのさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする