ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

3.36
  • (44)
  • (196)
  • (275)
  • (52)
  • (11)
本棚登録 : 1569
レビュー : 235
著者 :
phnさん  未設定  読み終わった 

1年にも満たない短い期間だったけど、墨田区に住んでた頃を思い出してこの世界にぐっと入り込めたし、あの辺、いい町だったよなあ、って改めて思った。私が住んでた部屋からも、ベランダに出るとスカイツリー見えた。さすがに船に乗って通勤しようと思ったことはなかったけど…。でも一度乗ればよかった。いやまだ遅くないか。
めちゃくちゃ大変だけど自分に向いていてやりがいのあること。食っていけないけどやりたいこと。やりたかったけど諦めたこと。仕事って様々ですね。独特なおもちゃプランナーという仕事の話とピュアで(アラサーにしてはかなり)幼いラブストーリーに、ちょうどいいミステリー。個人的には目黒警部補と宝子さんがくっついてほしかったな。面白かったです。

レビュー投稿日
2019年9月5日
読了日
2019年9月5日
本棚登録日
2019年9月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・...』のレビューをもっとみる

『ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする