子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)

3.92
  • (637)
  • (886)
  • (650)
  • (68)
  • (9)
本棚登録 : 6721
レビュー : 559
著者 :
ppp_xさん  未設定  読み終わった 

またしても深月さんにやられたーって感じ。
冒頭の登場人物が全て出揃うまでは退屈感もなくはないけど、そこをしっかり読み込んで一気に駆け抜ければそこにはもう辻村深月ワールドが広がってる。

ご飯を食べながら読むと、いやーなシーンもあるけど、やっぱり大好きな辻村深月作品。はやく下の方も一気読みしないと!!

まだ上だけど、なんだかんだ登場人物が嫌いになれない。特に月子は本当に自分と重なる部分が多いし、私だったら(あんなことしてても)浅葱に簡単に惚れてしまうのだろうな…



「自分にないものは、他人が持っているからこそよく見えるの。自分がそれを持った途端、みるみる価値が失せていく。そういうもの」

「恋というのは、最初から追い掛けている方の負けなんですよ。」

こんなのもう納得するしかない!っていう名言もこれ以外にもいっぱいあって、また読みながらたくさんメモ、メモ、メモ!! これだから深月さんの作品、読むのやめられない!!笑

レビュー投稿日
2017年9月27日
読了日
2017年9月27日
本棚登録日
2017年9月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文...』のレビューをもっとみる

『子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする