がんばれ! ルルロロ ことりのあかちゃん (単行本)

  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月18日発売)
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
感想 : 2
3

ルルロロが庭に落ちていたけがをした小鳥を見つける。
2人はおばあちゃんに聞きながら小鳥の世話をする。
ぴーと鳴くので、ぴーちゃんと名付ける。
怪我も治り、家の中で一緒に楽しく遊ぶけれど、あるとき窓の外にぴーちゃんのお母さんらしき鳥が来ていた。
ルルロロはぴーちゃんを返したくない、とテーブルの下に隠してしまう。
でも、本当はぴーちゃんだってお母さんと一緒にいたいはずだと気が付く。
窓を開けるとぴーちゃんは庭に出て、お母さんらしき鳥と飛んでいく。
また来てね、とルルロロは言いながら見送る。
翌日、庭にはぴーちゃんとお母さん鳥が来ていた。
ルルロロとおばあちゃんは小鳥たちにお菓子をあげるのだった。

ルルロロだってお母さんから離れたら悲しいはず。
という自分に置き換えるのがないのはこの手のものとしては珍しい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2014/03
感想投稿日 : 2014年3月27日
読了日 : 2014年3月27日
本棚登録日 : 2014年3月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする