舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)

3.32
  • (14)
  • (87)
  • (128)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 636
レビュー : 92
著者 :
unknownさん 2013/03   読み終わった 

主人公の斜に構えたような態度はやっぱり苦手。
作者の突っ込みセンスが合わないのかも…と思う。

どんなどんでん返しが来るのかと思っていたらまさかのファンタジーミステリー。
「あっち側」と「こっち側」でオカルティーな話みたいーと思っていたら、本当にそうだったとは。

いくら役目のためとはいえ、厭な中学生だと思ったら妖が憑りついていただけだったので安心した。
どんだけ生きてきた存在なんだ…と突っ込んでいたらまさかの。
中学生のお母さんの「御前さま」も本当に御前さまだったとは…。

曾祖父がのし上がった方法が、妖術でトップを操っていただけ、というのにはマンガ的な落ちを感じる…。

種明かしをしてみればあちこちに見え見えの伏線が落ちているけれど、ファンタジーな結末を想定には入れないので気付かない…。

レビュー投稿日
2013年3月21日
読了日
2013年3月21日
本棚登録日
2013年3月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『舞面真面とお面の女 (メディアワークス文...』のレビューをもっとみる

『舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする