なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)

3.73
  • (38)
  • (70)
  • (74)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 617
レビュー : 71
著者 :
unknownさん 2016/08   読み終わった 

野崎まどといえばまとまったと見せ掛けてどんでん返しのどんでん返しで全部ひっくり返す作風に食傷気味だったけれど、これは普通にほのぼのいい話だった。
縁をうさぎが結んだり、耳をハサミのようにして切ったりというのが設定として面白い。
大学の奇抜なサークルの数々もいい。
ちょっと泣けるいい話でよかったけれど、茶化した地の文が多くてうざかった。

ところで、水面から生える二本のうさぎの耳は犬神家じゃないのか。
八つ墓村って読んだことあったっけ?
内容が記憶にないので、もしかしたら似たようなシーンが八つ墓村にもあるのかもだけれど。
作家が間違えるか?
わざとなのか?

レビュー投稿日
2016年8月31日
読了日
2016年8月31日
本棚登録日
2016年8月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁...』のレビューをもっとみる

『なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする