おはなしのは

著者 :
  • 講談社 (2015年4月22日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
3

おはなしの木であるHahaが子供のBokuにおはなしの葉を使って色々なお話をしてくれる。
西と東に向かって旅に出て途中で出会う2匹のフクロウ、山と仲良くなったけれど、雲のせいで離れ離れになって流した太陽の涙、ポケットに色々なものを集めて思い出す記憶をなくした女の子、仲間のほしい子犬。
Bokuは色々お話を聞かせてもらったお礼にお話の葉っぱで色を吸い取るゾウがピンクの花の色を吸い取ってピンクになる話をするのだった。

HahaとBoku。
なんでアルファベットにするのか…。

コラージュが素敵。
白地に金色で描かれた模様のコラージュがきれい。
これはいちいち模様を全部描いてその都度素材にしているのだろうか。
それとも1回素材を作ったらあとはPC上でコピーしたりして作業しているのだろうか…。
気になる。

1つ1つの話はすごく短くて、話よりもやっぱりコラージュの絵がメインに見える。
と思ったけれど、Youtubeに動画が公開されていて、見てみるとフクロウ、涙、ゾウの部分が歌になっていた。
歌から出来た絵本なのかは分らないけれどそう見ると少し好感が持てた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2015/06
感想投稿日 : 2015年6月28日
読了日 : 2015年6月28日
本棚登録日 : 2015年6月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする