サンタクロースのしろいねこ

3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 7
制作 : アン モーティマー  Sue Stainton  Anne Mortimer  まえざわ あきえ 
unknownさん 2014/11   読み終わった 

サンタクロースの胃炎は雪に紛れたら分らなくなるほど真っ白の猫、スノウがいた。
スノウはレモン色のお月様や北風さんとも遊んでいた。
年に1度、サンタクロースが世界中を回る旅に出るときにもこっそりポケットに入ってついていくこともしばしば。
今回はサンタクロースの温かいポケットの中に入っているうちについていくことになってしまった。
スノウが空の上から下界を覗いたときに落ちてしまう。
スノウは落ちながらもサンタクロースが必ず見つけると言っていることが聞こえた。
街に降りたスノウ。
何とかしてサンタクロースを見つけようとするけれど、街にいるのは偽物のサンタクロースばかり。
人形のサンタクロース、テレビに映るサンタクロース、サンタクロースの格好をそたただのおじさん…。
もうサンタクロースには会えないかも知れないと思っているところでやっとサンタクロースがスノウのことを見つける。
サンタクロースはあちこちの高い建物に降りてはスノウを探していたのだ。
子供たちにプレゼントを配り終えて、サンタクロースとスノウは家へと帰る。
サンタクロースはスノウを見つけられたことが自分にとってのクリスマスプレゼントだ、と言うのだった。

雪のように真っ白なスノウ。
本当にいたら見てみたい。
サンタと猫という組み合わせは珍しい。

アン・モーティマーはクリスマスと猫の組み合わせがよく似合う。
話の中身よりも絵にばかり集中してしまう。

レビュー投稿日
2014年11月25日
読了日
2014年11月25日
本棚登録日
2014年11月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サンタクロースのしろいねこ』のレビューをもっとみる

『サンタクロースのしろいねこ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする