かにのしょうばい (ひまわりえほんシリーズ)

3.60
  • (6)
  • (8)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 121
レビュー : 13
著者 :
unknownさん 2012/04   読み終わった 

1匹のかにが床屋を始めた。
最初はたこのところに行くけれど、毛がないので断られる。
次に山へ行くとたぬきがいて、たぬきはいたずら半分に毛を刈ることを了承する。
かににとってはたぬきは大きく、毛深いので3日経ってやっと毛を刈り終える。
たぬきは、(嘘をついて)山ほども大きい自分の親の毛を刈ってもらうことも約束させた。
かにはこれは自分1匹の手には負えないと思い自分の子どもたちをみんな床屋にした。
だからかにはみんなハサミを持っているのだ、とか。

かにがハサミを持っていることの起源譚。
絵では最初からかににハサミがついているのだけれども。

レビュー投稿日
2012年4月4日
読了日
2012年4月4日
本棚登録日
2012年4月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『かにのしょうばい (ひまわりえほんシリー...』のレビューをもっとみる

『かにのしょうばい (ひまわりえほんシリーズ)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする