だれかが よんだ (日本傑作絵本シリーズ)

3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
著者 :
unknownさん 2013/08   読み終わった 

犬のおびが誰かに呼ばれた。
喜んで遊びに行こうとするけれど、花に近寄ると踏まないでと言われてしまう。
また誰かに呼ばれた気がする。
月のうさぎが一緒に遊ぼうと言うけれど、遠くて行けない。
そこへ女の子ふうがやってきていつものように一緒に遊んでくれる。
やっぱりふうがいいな。

「おび」というのが犬の名前だと最初は分からなくて、意味が分からなかった。
女の子が出て来てやっと分かった。
犬が四角くて、色遣いも木製の家具に描かれているように光沢があって独特の絵。

レビュー投稿日
2013年8月27日
読了日
2013年8月27日
本棚登録日
2013年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『だれかが よんだ (日本傑作絵本シリーズ...』のレビューをもっとみる

『だれかが よんだ (日本傑作絵本シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『だれかが よんだ (日本傑作絵本シリーズ)』にunknownさんがつけたタグ

ツイートする