優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)

3.55
  • (19)
  • (39)
  • (53)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 336
レビュー : 30
著者 :
pikarin777さん  未設定  読み終わった 

高橋源一郎氏が挑戦した日本野球を語る事で、日本人を語ってみるという作品『優雅で感傷的な日本野球』を読んだ。
挑戦的作品なのだが結構笑えるのは高橋源一郎さんが持っている秀逸なユーモアのセンスのおかげだろう。日本人が語られているか二「関しては?だが日本人の特徴の一つ物事へのこだわりの部分が描き出されて入ると感じた。第一回目三島由紀夫賞をとったとの事だが選者は勇気があったなあと思う。才能への投資だったのだろうか。。不思議な小説を読みたい方にはおすすめです。

レビュー投稿日
2014年1月22日
読了日
2014年1月22日
本棚登録日
2014年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (...』のレビューをもっとみる

『優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする