小説 野性時代 第120号 (KADOKAWA文芸MOOK 122)

制作 : 角川書店編集部 
  • 角川書店 (2013年10月12日発売)
4.06
  • (4)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 7

米澤穂信の〈古典部〉シリーズ、『長い休日』を読むために入手。
米澤穂信関係のところしか読んでいないので、評価は控えさせていただく。

シリーズ全体にとって結構クリティカルな、奉太郎の省エネ主義は如何にして採用されたのか、が説明される。
勿論、体裁上の(?)謎要素も入れて。

えると奉太郎の関係性が大きく変わりうる話なので、今後が楽しみでも不安でもある。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説(国内)
感想投稿日 : 2015年3月14日
読了日 : 2015年3月9日
本棚登録日 : 2015年3月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする