もう何回見ただろう。

笑いの原点やと思う。

青春です。

深いっす。

もっとも岩井っぽいと思う。

こういうのへの憧れは今でもある。

亀が飼いたかった時期があった(亀の飼育本ではないよ)。

この年代の熱ってば・・・。

家族って何。

市原くんにやられた。

自らの意思で見に行った、初めての映画。

アドリヴってすごい。

痛すぎる。

前作よりも大きな愛。

二人のラヴラヴっぷりがね・・・もう。

彼らの熱に勝てるものはないと思った。

「しんたにさーん」の声が耳に残る。

彼女の人生ってやつは・・・もう。

ラストのあの曲はすごいです。

  • 群青日和

  • 東京事変
  • EMIミュージック・ジャパン / 2004年9月7日発売
  • Amazon.co.jp / 音楽
  • 購入する

やっぱりバンドが好きだと再確認。

落ちたら見る。

エリの美しさに魅了。

狂気的に愛す。

岩井俊二との出会いは、コレ。

ツイートする