叫び声 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (1990年3月5日発売)
3.63
  • (24)
  • (33)
  • (52)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 475
感想 : 44

登場人物の鷹男が生い立ちや夢を主題として持っているように、大江の小説にも現実世界との距離や恐怖、不安といった主題は常にあって、その表現の発露が逐一好きだなと思ってしまう。
「オナニイの魔宣言」や大学生の女と議論するあたりは笑った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年12月8日
読了日 : 2020年12月8日
本棚登録日 : 2020年12月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする