五重塔―幸田露伴〈1〉 (読んでおきたい日本の名作)

3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 1
著者 :
pipin0408さん  未設定  読み終わった 

十兵衛の頑固さに最初は不快に感じるほどで、その分親方の源太の男気がより感じられた。

でも読み進めるにつれて、
十兵衛は上手く人とは付き合えないような一癖も二癖もあるやつだけど、
仕事への熱意や情熱、高いプライドは源太に劣らない男気を感じることができた。この生き方はこの生き方でありかなって。

この時代の作品の多くが男女の絡みだけれど、この作品は男同士のロマンのようなものを追求していて、新鮮で面白かった。

次は、この時代に幸田露伴と並んで活躍した尾崎紅葉の金色夜叉を読みたいな。

レビュー投稿日
2013年1月11日
読了日
2013年1月11日
本棚登録日
2013年1月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『五重塔―幸田露伴〈1〉 (読んでおきたい...』のレビューをもっとみる

『五重塔―幸田露伴〈1〉 (読んでおきたい日本の名作)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする