グリムありますか ヨーロッパ・イラスト紀行(1) (創元ライブラリ)

  • 東京創元社 (2005年1月8日発売)
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 2
4

単行本のときに、「どうしようかな?」と思っていてそのまま忘れ去り、本屋さんのとある企画で手に取ることができました。

タイトルの可愛すぎる、ドイツ・メルヘン街道のバックパック旅をつづるイラストエッセイ。日本人の思い描く、おとぎの国のおうちやお城と、親切なドイツの人たちに、ボリュームたっぷりのお食事。ちなみにフットボール抜き(笑)。

イラストと文章のレイアウトがよくて、いやみなく読めます。欧州は飛行機を国内線感覚でぶっ飛ばすのもいいけど、電車の旅行者パスなどが使いやすくできていると思います。フランクフルト中央駅、行きたいー。私も欧州の電車の駅は、ターミナルも途中の駅も大好きだ(←ほとんど行ったことないけど)。

グリム兄弟ゆかりのメルヘン街道は各国の観光客が訪れることもあり、見どころてんこ盛りなのですが、定番中の定番を見逃がして、「見つからなかった」と正直カミングアウトなど、バカ正直さが楽しいです。いくら探しても見つかんないとき、多いもんねー。後日読者さんのツッコミの嵐を受けた、とかいうエピソードも面白かったです。

今は東西ドイツが統一され、通貨もマルクからユーロに変わったりと、ずいぶん雰囲気も変わっているのかもしれませんが、根っこのところは今行っても変わらないのでしょう。語学ができてするするっとクリアしてしまう旅もスマートでいいけど、絵筆とスケッチブックを持って四苦八苦しながらの旅も、違った出会いがあって、やっぱり憧れます。シリーズの『アンデルセンください』『マザーグースころんだ』もそろえようかな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Lovelyな本たち
感想投稿日 : 2010年11月22日
読了日 : 2010年11月24日
本棚登録日 : 2010年11月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする