バスガイドの仕事がおおよそどんなもので、
主人公は行く先々でトラブルに見舞われつつも、
仕事に熱心に愛情を持って取り組んでいる。
読んでいてそれは理解できたのだけど、
出会ってからお互いに惹かれるまでが唐突で、
理由もどこか曖昧で味気なかった。
中途半端に出てきた人たちの存在も最後までおざなりな感じ。
小椋ムクさんのイラストは作品の雰囲気に合っていて素敵です。

2011年11月25日

読書状況 読み終わった
カテゴリ BL

高校生×高校生。
口は悪いけど思いやりのある和真と、
叔父に対して叶わない恋を続ける瑞希。
瑞希は一途だけど割り切ったところもあるので、
健気とはすこし違うかも。でも良い子。
宝井さんの挿絵効果もあって、
全体とおして高校生らしくて可愛い。
料理を介したやりとりも読んでいてほのぼのとした。

2011年11月24日

読書状況 読み終わった
カテゴリ BL

最初から最後まである意味二人だけ。
文章自体は密で読み応えがある一方で、
後半に向かうにつれて
主人公二人の心情を追うのが
面倒臭くなる。人物把握も。
おおきな起伏はなく、
静かにしんみりとほの暗くて淡々としているお話でした。

2011年11月22日

読書状況 読み終わった
カテゴリ BL
ツイートする