ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

3.82
  • (114)
  • (172)
  • (130)
  • (19)
  • (9)
本棚登録 : 2051
レビュー : 165
制作 : 山岡 洋一 
Tomotaさん TP   読み終わった 

・偉大な企業が衰退に向かう時、次の5段階を経ることが多い。

①第1段階「成功から生まれる傲慢」
衰退への第1段階が始まるのは、企業が傲慢になった時。成功したことにより、自分たちの長所と能力を過大評価し、その結果、当初に成功をもたらした真の基礎的要
因を見失ってしまう。

②第2段階「規律なき拡大路線」
傲慢から生まれるのが、規律なき拡大路線である。規模を拡大し、成長率を高め、世間の評価を高めるなど、経営陣が「成功」の指標と見なすものは何でも貪欲に追求する。

③第3段階「リスクと問題の否認」
拡大路線を続けていると、様々なリスクや問題が生じる。だが、外見的には業績が良いことから、良いデータを強調し、悪いデータを小さく見せたり、都合良く解釈したりする。つまり、問題を直視せず、リスクや問題を否認する。

④第4段階「一発逆転策の追求」
衰退が誰の目にも明らかになった時、問題は、指導者がどう対応するかである。一発逆転狙いの救済策にすがろうとすると、衰退への道を急速に進むことになる。

⑤第5段階「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」
一発逆転狙いの方策に何度も頼るほど、悪循環に陥る。財務力が衰え、士気が低下していく。その結果、身売りを決める場合もあれば、衰退して凡庸な企業になる場合もある。極端な場合には企業が消滅する。

レビュー投稿日
2019年8月28日
読了日
2019年8月28日
本棚登録日
2019年8月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』のレビューをもっとみる

『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする