校閲ガール

3.61
  • (64)
  • (208)
  • (182)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 1210
レビュー : 239
著者 :
まるもっちーさん  未設定  読み終わった 

せっかくの校閲の話なのにところどころ送りがな間違いがあってちょっと惜しかった。
「喉の奥なら~」と全然違う雰囲気。しかも2chを思わせるスラングまで出てきて、この人本当に何者ですか。ファッションの描写とかすごいし。おしゃれな方なんだろうなあ。
続編があるなら是非とも読みたいです。むしろ買って読みます。好きな作家さんがまた一人増えた。

「校閲ガール!?」時刻表ミステリ読んだことないからこんなにあっさり時間のミスってわかるもんだろうか。主人公の悦子が一発で大好きになった。エロミスとか嫌すぎる。
「校閲ガールと編集ウーマン」すごい好き。正反対の二人が関わり合いになる瞬間、好き。めでたしめでたしじゃなくてなんなのよあんたのせいで浮いちゃったじゃないのー!な終わりも好き。米岡のセクシャリティに言及しないところが良い。
「校閲ガールとファッショニスタとアフロ」「うるせえマジ往生しろ荼毘に付されろこの野郎!そんで解脱できずに三悪道ばっかし永遠に輪廻するがいいわこの下品下生が!」←これがパッと出てくる頭になりたい。ネオ仏教小説とか読みたすぎる。編集部には怒られた悦子の越権校閲だけど、本当に二十代の女性を思いやった眼差しに感謝した。私は就活の経験ないんだけど、就活も何かのひらめきというか、かちっとはまった何かによるんだなと思った。
「校閲ガールとワイシャツとうなぎ」雑誌の星占い笑った。「胸と股間膨らまして」とかキレッキレすぎる。バレバレなエロミス作家笑える。モテ期キタコレな悦子可愛いな。
「校閲ガール~ロシアと湯葉とその他のうなぎ」フクロダケにクラスチェンジしたエリンギで吹いた。めでたしめでたし。藤岩さんも良かったね。内面さえ良ければ~のところはちょっとドキリとした。
「エピローグ 愛して校閲ガール」みんな仲良ししてるところがなんだか心が温まった。良い。ファッションのことわからんし自分にはいらないと思ってたけど、ちょっと考えが変わった。オチww

10月にドラマ化だそうです!楽しみ!

レビュー投稿日
2016年8月7日
読了日
2016年8月7日
本棚登録日
2016年8月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『校閲ガール』のレビューをもっとみる

『校閲ガール』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする