毒吐姫と星の石 (電撃文庫)

4.11
  • (226)
  • (207)
  • (125)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 1712
レビュー : 183
著者 :
制作 : 磯野 宏夫 
まるもっちーさん 小説   読み終わった 

巻数を重ねるごとにどんどん私の好みのお話になっていく!すごい!
エルザが成長していく姿がすごく良かった。
ただ、オリエッタとアンディははいつも誰かを諭す役割なのかなぁ、とそこだけ気になったり。なんというか、二人ともお綺麗すぎるような気がして。二人が主役の作品もあるようなので読みたいです。
それと、私が異性愛表現があまり好きでない人間なので、うーん、また男女の愛かぁ、と軽く食傷ぎみになっていた。愛!素晴らしい!みたいなのが苦手なひねくれ者なので。申し訳ないです。エピローグがむず痒かった。
夜の王と対比して真昼姫、か。もうちょい…いい名が欲しかったかなあ。
視点が結構ぶれますね。

レビュー投稿日
2014年12月29日
読了日
2014年12月29日
本棚登録日
2014年12月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『毒吐姫と星の石 (電撃文庫)』のレビューをもっとみる

『毒吐姫と星の石 (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする