阪急電車 (幻冬舎文庫)

4.20
  • (5630)
  • (5131)
  • (2094)
  • (303)
  • (78)
本棚登録 : 35212
レビュー : 4181
著者 :
pn11さん 日本近現代文学   読み終わった 

久しぶりに小説一気読みした。くっそう、甘いよ! そしてなんだよこのほっこり感。

大学入学以来、見慣れたエンジ色の車両が描かれた表紙を見たとき、この本は必ず読もうと思ったのでした。3年経ってようやく読んだ。中身を全く知らなかったけど、罠だったよ! 僕も恋したいよー。

大学が宝塚線沿線なので、宝塚線はよく使うものの、あとは京都線が数回、箕面線、神戸線が1往復ずつしか乗ったことがない。今津線なんて聞いたことないくらいなのですが、これ読んだらやっぱし乗ってみたい。映像で見せられるより文章で書かれたことでより魅力的になってるように思える。カップルとかの会話とかも、実際に見たら疎ましく感じるだけなのに有川さんの文章で読むとなんでこんなに微笑ましいんだちくしょう。


児玉清さんの解説で、有川さんが女性だと初めて知った。ずっと、「ひろし」さんだと思ってた。児玉さんはもう死んでしまったなあ。

レビュー投稿日
2011年11月2日
読了日
2011年11月2日
本棚登録日
2011年11月2日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『阪急電車 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『阪急電車 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『阪急電車 (幻冬舎文庫)』にpn11さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする