そういうものだろ、仕事っていうのは

著者 :
  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2011年2月1日発売)
3.39
  • (8)
  • (79)
  • (98)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 554
感想 : 102
4

偶然再読。

津村記久子の田上さんの話で完全に思い出す。
不誠実には不誠実で返し、誠実には誠実で返す。人のジャッジが上手い人。的確で格好いいので記憶に残っていた。

大崎善生の紆余曲折を経て成熟した文学部出身の男の話は、年月が詰まっていて短編なのに重みを感じられた。仕事ってなんだろうなぁ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2019年11月6日
読了日 : 2019年11月6日
本棚登録日 : 2019年11月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする