思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

3.60
  • (290)
  • (555)
  • (722)
  • (88)
  • (21)
本棚登録 : 4893
レビュー : 537
著者 :
大野弘紀さん 小説   読み終わった 

これを読んだのは、本当に…
――本当に。
思いわずらうことなく、愉しく生きたいと、
思ったから。

読んでみて、楽しいのか分からないけれど
それぞれが、自分の生き方を信じて生きていく様は、目が離せない

少なくても恋に負けず、
人生に勝とうとする生き方は称賛に価する。

恋人と別れても、今の人生を謳歌する
DVがあっても、結婚したという関係を尊ぶ。

毎日のくり返しの中で
どうしても 自分が 削れていくような気がする

消耗品のような
日光を浴びても 深呼吸しても 瞑想しても

まるで いたちごっこ
この構造とサイクルを根本から変えなければと思う

その中でこの思いわずらうことなく、はヒントだと
思った。

結局、裏技のような即時解決法が
見つかったのではなく、今の人生を楽しむ。
難しく考えず、迷ったら楽しそうな方を選ぶ。
そういう生き方を、教えてもらった気がした。

レビュー投稿日
2018年6月21日
読了日
2018年6月21日
本棚登録日
2018年6月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文...』のレビューをもっとみる

『思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする