4

中井久夫さんのがすんごくよかった。
電車の中で泣いてしまった。

「飼い主が楽しそうにしていたり、寛いだりしていれば、猫にも少しはそれが伝染する、というか、そういう気配を猫は呼吸している。」保坂和志さん

横尾忠則さんの文章を読み、寅さんのことを思い出した。
「この何の役にも立っていない猫が実は結構人間のためになってくれているところがある。というのはこんな猫でもいるのといないのとではえらい違う。」
「役に立たない」人間だからといって、存在する意味がないことなんてない。

装丁、最高にかわいい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年2月2日
読了日 : 2019年5月13日
本棚登録日 : 2019年2月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする