神々の国の首都 (講談社学術文庫)

4.19
  • (22)
  • (13)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 15
著者 :
制作 : 平川祐弘 
狸之助さん 図書館より   読み終わった 

小泉八雲さんの作品はまだ本書しか読んだことはないのですが、本書を読んで感じたことは、小泉八雲さんはとても温かい眼差しをもって明治の日本・日本人を見ていたのだということでした。
小泉八雲さんの目から紙へ写された日本のふるきよき風景の美しいこと!人々のやわらかく、おおらかなこと!盆踊りの描写は本当に神々が降臨した様を瞼の裏に浮かんできました。
多少、日本人への幾分かの贔屓目?があるだろうけれど、外国から来られた方ならではの独特な感覚でキャッチして描かれた日本の姿を忘れてはならないし、文化・風景をまもっていかなければならないなと感じました。

レビュー投稿日
2009年10月5日
読了日
2009年10月5日
本棚登録日
2009年10月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神々の国の首都 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『神々の国の首都 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『神々の国の首都 (講談社学術文庫)』に狸之助さんがつけたタグ

ツイートする