裁判所が道徳を破壊する (文春新書)

2.69
  • (0)
  • (0)
  • (13)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
著者 :
polyhedronさん 司法・犯罪   読み終わった 

 給食費・保育料不払い問題など,日本人の道徳が失われていく一因を裁判所の判決に求める。
 テーマは三つ。破産免責決定濫発によって,借りたものを返すという常識が失われる。違憲判決の圧力で尊属殺重罰規定が廃止され,親を敬うという当然の人倫を軽視する。都立高校の国旗国家問題に関する地裁判決は,教育の場での式典における最低限の厳粛さも保てなくさせる。

レビュー投稿日
2011年10月26日
読了日
2007年11月2日
本棚登録日
2011年10月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『裁判所が道徳を破壊する (文春新書)』のレビューをもっとみる

『裁判所が道徳を破壊する (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする