博士の愛した数式 (新潮文庫)

3.85
  • (2929)
  • (3321)
  • (3787)
  • (274)
  • (53)
本棚登録 : 23564
レビュー : 2837
著者 :
茶葉の渋みさん  未設定  読み終わった 

宝探しの様な本だった。
物語は家政婦とその息子、依頼元の博士でほぼ構成される。数字と阪神タイガースという異色のキーワードで関係が築かれ、読者はその様子を淡々と観察する。物語のどんな要素も三人の関係に波風をたてないが、同じように三人の関係を明瞭に定義しない。時には家族であり、友人であり、そしてまた敬愛の対象であったり、家政婦から博士へのわずかな慕情も汲み取れたりする。
作者の意図に沿うかは別として、一つ一つの文言を拾い、目を凝らし…という時間は宝探しのようだった。静かに、楽しめた。

レビュー投稿日
2019年9月4日
読了日
2019年7月4日
本棚登録日
2019年9月4日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『博士の愛した数式 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『博士の愛した数式 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする