丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)

4.05
  • (700)
  • (793)
  • (457)
  • (58)
  • (8)
本棚登録 : 5913
レビュー : 738
著者 :
制作 : 山田 章博 
poppenjpさん 小説   読み終わった 

待ちに待った十二国記シリーズ最新作。

「やっぱり小野不由美はすごいなぁ」と読みながら、何度も溜め息を吐いてしまった。異世界をここまで綿密に篆刻できる書き手がどれだけいるだろうか。

本作にはメインストーリーには絡まない(ちらっとメインの登場人物も出るが)短編4作が収録されている。

どの作品も素晴しいデキだが、死刑問題に真正面から向き合った「落照の獄」は個人的ベスト。まぁ、「オレはファンタジーを読みたいんだ!」という声もあるのではないかとも思うのだが、現実の問題を別世界に投影するという手法も、ひとつの小説の手法だと思う。

レビュー投稿日
2013年9月29日
読了日
2013年9月29日
本棚登録日
2013年9月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 ...』のレビューをもっとみる

『丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする