ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)

3.76
  • (661)
  • (1015)
  • (1262)
  • (42)
  • (6)
本棚登録 : 6220
レビュー : 684
著者 :
ぽっぽさん 小説(国内)   読み終わった 

収録作品
*ぬしさまへ/栄吉の菓子/空のビードロ/四布の布団/仁吉の思い人/虹を見し事

病弱の若旦那、一太郎と彼の周りにいる妖怪たちが繰り広げるシリーズ第2弾。

時代ものだけれど、読みやすく、ミステリの要素もしっかりあるので、楽しく読む。

妖たちが時に過剰にだけれど一太郎を大事に思っているのが相変わらずほほえましい。
今回は病弱であるがゆえに一太郎が抱える不安や意志が描かれていて、彼が身体は弱くとも心の芯はとても強く、そうであるがゆえに妖怪たちも慕っているのだろうなと感じる巻でした。

『栄吉の菓子』、『虹を見し事』がお気に入り。

レビュー投稿日
2019年4月22日
読了日
2011年8月13日
本棚登録日
2012年6月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮...』のレビューをもっとみる

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)』にぽっぽさんがつけたタグ

ツイートする